ほっしーのおひとり様を楽しむブログ

おひとり様でも楽しく元気に! ひとりでも楽しめることや、家族のこと、介護職の経験談など、思うことを何でも書いています

介護

介護士のつぶやき(16)入浴拒否の理由

コロナ感染 自宅待機9日目 今日もすることがないので、書くこともない・・・・ で、引き続き「介護士のつぶやき」です。 昨日、いろいろ介護の拒否がある方のことを書きましたが、 それで思いだしたことがあります。 以前働いていた「老人保健施設」でのこ…

介護士のつぶやき(15)認知症あるある

コロナウイルス感染 自宅待機期間8日目です。 毎日暇ですることが同じで、書くこともなくなってきたので、 久しぶりに介護話「介護士のつぶやき」です 仕事に早く戻りたいと思いながら、またあの過酷な仕事に戻るのか~ なんか休み過ぎて、、、ちょっと行く…

ついにコロナに罹った!!

老人介護施設で勤務している私。 数日前から、スタッフや利用者が次々感染が判明してる中、ついに私も感染して しまいました! そりゃそうだ・・予想はしていました。 まず看護師が1名発症し、お休みに、、、 次にその看護師が担当していたフロアのお婆ちゃ…

施設での看取り(2)

前回の続きです これ以上の回復が望めなくなり、食べることも難しくなったアルツハイマー型認知症 のAさんの、看取り介護のカンファレンスを行い 看取りケアプランが作成されました。 ・覚醒状態が良い時に出来るだけお好きなものを口にして頂く ・褥瘡が出…

施設での看取り 

私の勤める「地域密着型特別養護老人ホーム」」では、看取りまで行います。 先月2名の方を看取りましたが、どちらも認知症発生から、数年かけて 徐々にいろいろなことが出来なくなり、介護を受けながら生活されていましたが、 最後は口から食べることが出来…

自立から看取りまで、安心して過ごせる「複合介護施設」

私の勤める「地域密着型特別養護老人ホーム」は 29名定員の 小さな家庭的な老人ホームです。 同じ建物の中には、「サービス付き高齢者住宅」と「小規模多機能型居宅介護」 が併設されていて、比較的お元気で見守りだけで自立されている方から、 介護が必要…

方向音痴の山歩き

運動不足です 最近、寒さとコロナの影響で出掛けることも少なくなって、なんだか体が 鈍ってるなぁ~って感じていたところへ、まさかのプチ腰痛! 介護職って腰痛持ちの人が多く、ほとんどの人が腰痛ベルト経験者のようですが、 私は今まで特に腰痛で悩んだ…

介護士のつぶやき(14)介護度を下げる取り組み(No2)

前回の続きです。。。 ブラックSさん入所当時より、随分レベルアップした、おしゃべりSさん。毎日面白い会話で私たちを楽しませてくれますが、 やはり認知症もあるので、普通の人のように、相手のことを考えて の発言などできず、言いたいことを何も考えず…

介護士のつぶやき(13)介護度を下げる取り組み

お年寄りの介護は、子育てに似ているところもあると思います。 子育ては 離乳食、オムツ、ベビーカー、遊び これがお年寄りだと ↓ 食事介助、排泄介助。車いす、レクリェーション・・・でも子育ては、だんだん自分で出来ることが増えていって、成長が見られ…

コロナ禍を実感した出来事

コロナの患者数がまた増えてきて、大変なことになっています。 私の勤める介護施設でも、やっと面会が可能になっていたのに、またオンライン面会か 窓越し面会のみ可能、に逆戻りしました。 しかし、職場内での感染は今のところ発生していなくて(利用者もス…

介護士のつぶやき(12)認知症の周辺症状

またまたお久しぶりです。 せっかく新型コロナも少し落ち着き「これからまた出掛けるぞ~!」 「またブログも書くぞ~!」と決意表明?(笑)したものの・・・ なかなか続かず・・・ そうこうしているうちに、またオミクロン株で陽性者が増えて、、、 仕事柄…

そろそろ復活の兆し

お久しぶりです。 ブログを書かなくなってからもう半年近くになってしまった。 新型コロナが流行ってから、楽しめる記事を書きにくくなり(’遊びに行けないからね) ちょくちょく一人遊びはしていましたが、この自粛ムードで記事を出すのも なんかなぁ~・・…

介護施設での面会、看取り

私の勤める「地域密着型特別養護老人ホーム」では、入居者様の「看取り」まで 行っている。 以前「死に方を考える」という記事をかいたが、 病院でいろいろな管につながれながら死ぬのはイヤだと思っている私にとって、 自宅で最期を迎えるのが無理ならば、…

介護士のつぶやき(11)夫婦仲良く認知症

夫婦で仲良くご入居 私が勤務している施設にご夫婦で入居されている方が一組おられる。 二人とも軽度認知症でご主人の方が少し重度であるが、歩行器を使い自由にあちこち 歩き回られ、奥様がそれに付き添う形でエレベーターに一緒に乗り込み、別の階に行か …

介護士のつぶやき(10)ケアマネの葛藤

地域密着型特別養護老人ホームに、介護職兼務のケアマネジャーとして入職し、 約3カ月が経過した。 29名の小さな施設なので、ケアマネ業務も毎日は必要でなくほぼ介護業務で、 週に1,2回ケアマネ業務の日を与えられ、パソコンと向き合い書類仕事やケア…

介護記録の進化

新しい職場に勤務して10日。 なかなか大変である まず私の勤務する「地域密着型特別養護老人ホーム」は3ユニット(29名)の施設だが 今年3月以降ケアマネージャーが不在だったらしい。 面接時も聞いていたが、母体の「特別養護老人ホーム (84名)」のサテラ…

目からウロコ! 「青山式」楽ワザ介護

10月から新しい職場に勤務となった。 地域に根差した複合施設 1階は「地域交流スペース」 地域の方どなたでも利用できるカフェがあり 催し物会場として利用できたりする憩いの場所となっている。 2階は「サービス付き高齢者住宅」 60歳以上の方は介護…

還暦すぎてからの就活

久しぶりの記事更新だー! お待たせしました・・・(いや 誰も待ってないし(^^;) グーグルアドセンスに合格し、ちょっとした達成感を味わったものの、ブログで収入を 得るなんてことはそうそう出来るもんじゃないこともわかり、まあ今後は気楽に書いて いこ…

介護士のつぶやき(9)夜勤の思い出

介護士としていろいろな施設で仕事をしてきた。 今は病院で看護助手として働いている。 介護の技術が役に立つことも多いが、なかなか大変である。 患者を動かすにもいろいろな管がつながっているので、慎重に対応しなくてはならな く、看護師でないとしては…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ⑥

これは14年前に亡くなった母のことを思い出して書いています。 <前回の続き>No6 母の意識がなくなる 突然右麻痺が出て、話すこともできなくなった母だったが、こちらの言う ことは聞こえているようだった。しばらくは、こちらの声かけにしっかり反応も…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ⑤

これは14年前に亡くなった母のことを思い出して書いています。 <前回の続き>No5 母の体調が良くなる 母が家の近くの病院に来てから、ほぼ毎日顔を見に行っていた。 職場は駅に直結しているショッピングセンター内だったので病院は家と 職場の中間点にあ…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ④

これは14年前に亡くなった母のことを思い出して書いています。 <前回の続き> 病院探し 普通の総合病院では母の受け入れは叶わなかったが、そこの相談員の方がいろ いろと教えてくださった。そこで初めて「療養病棟」というものがあるのを知る。 普通の病…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ③

これは14年前に亡くなった母のことを思い出して書いています。 <前回の続き> 精神科に入院した母 母が精神科の病棟に入ってしばらくしてから、兄弟全員で面会にいった。 点滴してもらい、食事もちゃんと3食出るので、少し元気になったようだ が、面会室…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ②

<前回の続き> 認知症になってもひとり暮らしを続ける母 アルツハイマーと診断されてからも2年程はなんとか1人暮らしを続けていた。足腰は丈夫だったので自転車に乗って近くのスーパーまで買い物に行き、食料を 買ってくる母。料理はほとんどできなくなり…

介護士になるきっかけをくれた母の話

前回のブログでも書いたが、孫が出来てからよく母のことを思い出すようになった。 それ以前でも子供の就職や結婚などのタイミングで、自分の時にいろいろしてくれたこ とをよく思い出す。 私に介護士の仕事を与えてくれたのも母の影響だった。 そんな母の話…

「死に方」を考える

なんとも物騒なタイトルになってしまったが、常々考えていたことをついに書いてみる ことにした。 病院勤務になってから、「死」ということをよく考えるようになった。 老人介護施設勤務のときも、人が老いて「死」に向かっていく姿をみるのはつらかった が…

介護士のつぶやき(8)家族の面会

コロナウイルスの問題が出てから、病院や介護施設などは家族の面会は原則禁止になっ ている。 私の働いている病院では「緊急事態宣言」が解除になった今も面会禁止が続いていて、 おそらく今年中は継続されるようだ。 洗濯物や必要物品の受け渡しも、職員が…

介護士のつぶやき(7)人間関係でつぶれない方法

介護職も医療職も、けっこう過酷な職場だ。 今コロナ対応で大変さが報道されているが、普段から3K仕事、と言われ、体力と忍耐 力が必要な仕事。人間相手ですので細やかな気配りも大切。 サービス残業は当たり前の世界 (今は派遣の時給で働いてるから時間外…

介護士のつぶやき(6)音楽の力

今 コロナウイルスで外出自粛をしている人や、治療の最前線で頑張っている医療従事 者に向けて、音楽で応援や癒しを届けようと、いろいろなミュージシャンがネットで 音楽を発信している。 音楽を聴いたところで、なにか変わることはないけれど、一時の癒し…

介護士のつぶやき(5)いくつになってもお洒落しよう 

歳をとってもお洒落をすることは大切だと思う。 身だしなみを整え、人に見られることを意識することで気持ちも上がる。 お洒落は認知症予防にも効果があるという。 わかっているけど最近の私は、もう服装なんてどうでも良いわ、、、と同じ服ばかり、 女捨て…