ほっしーのおひとり様を楽しむブログ

おひとり様でも楽しく元気に! ひとりでも楽しめることや、家族のこと、介護職の経験談など、思うことを何でも書いています

介護

介護記録の進化

新しい職場に勤務して10日。 なかなか大変である まず私の勤務する「地域密着型特別養護老人ホーム」は3ユニット(29名)の施設だが 今年3月以降ケアマネージャーが不在だったらしい。 面接時も聞いていたが、母体の「特別養護老人ホーム (84名)」のサテラ…

目からウロコ! 「青山式」楽ワザ介護

10月から新しい職場に勤務となった。 地域に根差した複合施設 1階は「地域交流スペース」 地域の方どなたでも利用できるカフェがあり 催し物会場として利用できたりする憩いの場所となっている。 2階は「サービス付き高齢者住宅」 60歳以上の方は介護…

還暦すぎてからの就活

久しぶりの記事更新だー! お待たせしました・・・(いや 誰も待ってないし(^^;) グーグルアドセンスに合格し、ちょっとした達成感を味わったものの、ブログで収入を 得るなんてことはそうそう出来るもんじゃないこともわかり、まあ今後は気楽に書いて いこ…

介護士のつぶやき(9)夜勤の思い出

介護士としていろいろな施設で仕事をしてきた。 今は病院で看護助手として働いている。 介護の技術が役に立つことも多いが、なかなか大変である。 患者を動かすにもいろいろな管がつながっているので、慎重に対応しなくてはならな く、看護師でないとしては…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ⑥

これは14年前に亡くなった母のことを思い出して書いています。 <前回の続き>No6 母の意識がなくなる 突然右麻痺が出て、話すこともできなくなった母だったが、こちらの言う ことは聞こえているようだった。しばらくは、こちらの声かけにしっかり反応も…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ⑤

これは14年前に亡くなった母のことを思い出して書いています。 <前回の続き>No5 母の体調が良くなる 母が家の近くの病院に来てから、ほぼ毎日顔を見に行っていた。 職場は駅に直結しているショッピングセンター内だったので病院は家と 職場の中間点にあ…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ④

これは14年前に亡くなった母のことを思い出して書いています。 <前回の続き> 病院探し 普通の総合病院では母の受け入れは叶わなかったが、そこの相談員の方がいろ いろと教えてくださった。そこで初めて「療養病棟」というものがあるのを知る。 普通の病…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ③

これは14年前に亡くなった母のことを思い出して書いています。 <前回の続き> 精神科に入院した母 母が精神科の病棟に入ってしばらくしてから、兄弟全員で面会にいった。 点滴してもらい、食事もちゃんと3食出るので、少し元気になったようだ が、面会室…

介護士になるきっかけをくれた母の話 ②

<前回の続き> 認知症になってもひとり暮らしを続ける母 アルツハイマーと診断されてからも2年程はなんとか1人暮らしを続けていた。足腰は丈夫だったので自転車に乗って近くのスーパーまで買い物に行き、食料を 買ってくる母。料理はほとんどできなくなり…

介護士になるきっかけをくれた母の話

前回のブログでも書いたが、孫が出来てからよく母のことを思い出すようになった。 それ以前でも子供の就職や結婚などのタイミングで、自分の時にいろいろしてくれたこ とをよく思い出す。 私に介護士の仕事を与えてくれたのも母の影響だった。 そんな母の話…

「死に方」を考える

なんとも物騒なタイトルになってしまったが、常々考えていたことをついに書いてみる ことにした。 病院勤務になってから、「死」ということをよく考えるようになった。 老人介護施設勤務のときも、人が老いて「死」に向かっていく姿をみるのはつらかった が…

介護士のつぶやき(8)家族の面会

コロナウイルスの問題が出てから、病院や介護施設などは家族の面会は原則禁止になっ ている。 私の働いている病院では「緊急事態宣言」が解除になった今も面会禁止が続いていて、 おそらく今年中は継続されるようだ。 洗濯物や必要物品の受け渡しも、職員が…

介護士のつぶやき(7)人間関係でつぶれない方法

介護職も医療職も、けっこう過酷な職場だ。 今コロナ対応で大変さが報道されているが、普段から3K仕事、と言われ、体力と忍耐 力が必要な仕事。人間相手ですので細やかな気配りも大切。 サービス残業は当たり前の世界 (今は派遣の時給で働いてるから時間外…

介護士のつぶやき(6)音楽の力

今 コロナウイルスで外出自粛をしている人や、治療の最前線で頑張っている医療従事 者に向けて、音楽で応援や癒しを届けようと、いろいろなミュージシャンがネットで 音楽を発信している。 音楽を聴いたところで、なにか変わることはないけれど、一時の癒し…

介護士のつぶやき(5)いくつになってもお洒落しよう 

歳をとってもお洒落をすることは大切だと思う。 身だしなみを整え、人に見られることを意識することで気持ちも上がる。 お洒落は認知症予防にも効果があるという。 わかっているけど最近の私は、もう服装なんてどうでも良いわ、、、と同じ服ばかり、 女捨て…

介護士のつぶやき4 逆虐待

先月テレビで「病院での虐待のニュース」を見て、またか!と情けなくなり、ブログを 書いた。 www.hossiy26.com 施設で勤務していると、いろいろな大変な方がおられ、腹が立つのもわかるけど、 プロなんだからうまくやって!と思う。 ストレス貯めないように…

介護士のつぶやき3 かわいい認知症

介護のお話について こんにちは 介護のお話が続きます。 介護についての話は尽きないので、別ブログを立ち上げようとも想ってたけど、2つの ブログを運営するなんて、私には出来そうになく・・・ (一つでもなかなか更新できないし、、、) 結局、おひとり様…

介護士のつぶやき2 認知症の方への虐待

神戸の病院で虐待発覚 また認知症の方へのひどい虐待が発覚しました! 神戸の病院での夜勤中に、トイレ内でホースで水を掛けたり、ベッド下に監禁したり して、スマホで動画まで撮っていたという! 虐待していたのは、6人の仲良しグループ「反応をみるのが…

介護士のつぶやき 

長く介護の仕事をしてきた。(今は病院の看護助手) 介護の仕事をしようと思ったきっかけは母だった。 www.hossiy26.com 「介護」って、3K仕事、底辺の仕事とか言われることが多い。 確かに体力も精神力も必要だし、お年寄りの下のお世話もある、認知症の方…

感染予防 正しい手洗いの仕方

病院でもマスクが足りないから、節約するように、とのお達しがあったが、 なんとか患者さん対応するときは着けることが出来ている。 コロナやインフルエンザだけでなく、いろいろな感染症を持っている方と触れ合うし、 熱が出て入院されてきたけど、まだ病名…

病院でもマスク不足!

総合病院の看護助手として働き始め、約3週間。 少しずつ業務にも慣れてきた。 最初に「感染についての講義」を受け、手洗い・マスク着用の重要性を教えられた。 知ってるけどね。 施設でも毎年勉強会が必須だし、外部研修も交代で、誰かが毎年受けに行かなく…

やっと仕事開始! 介護施設勤務から病院勤務へ、、、看護助手という仕事

無職期間が終了。やっと仕事が始まった。 今度の仕事は総合病院での看護助手。12年程介護関係の仕事をしていたが、今回 「看護助手」をやってみようかな?と思ったのは?? ズバリ 家から近いから!! 歩いて5分の総合病院。派遣で時給が高い。 派遣は安…

平均寿命と健康寿命

いつまでも息子たちに迷惑をかけないで、元気に過ごしたいと思っている。 日本の平均寿命は、今 女性 87.32歳 男性 81.25歳 だという (2019年 厚生労働省のホームページより) まだ、26年も生きられるんか! ただこの26年、元気に一人暮らしが出来る期間は…